ブログ



ドルと円の為替の歴史を振り返ってみよう

Category: Blog, 日本経済, 生命保険, 資産運用 , , , | Posted: Last Update:


通貨の高い国 : 生産力があって株価も高い先進国というのが本来の姿です。 通貨の安い国 : 生産力の未熟で株価も安い途上国というのが本来の姿です。 この当たり前の仕組みが、昨今ぐちゃぐちゃになっています。円安が進むと株価が上がって、円高の進むと株価が下がる・・・なんだこりゃ???

続きを読む




令和元年7月フラット35金利

Category: Blog, 住宅ローン , | Posted: Last Update:


先月(2019年6月)より0.09%も割安になりました。 これで団体信用生命保険(機構団信)付きと言うのがまた驚きです。 この、0.09%はどのくらいのインパクトかと言うと、5000万円を35年間支払う場合、「約901206円」総支払額が少なくなります。フラット35は融資実行のタイミングの金利が適用されます。

続きを読む




育児休業や介護休業をする方の経済的支援(厚生労働省)

Category: Blog, 公的制度 , , | Posted: Last Update:


厚生労働省のHPで「ご存知ですか?」とあるのですが、多くの方が「知らねーよ!!」とツッコミを入れたくなると思います。様々な経済的支援策が用意されていますが、国民が平等に持つ権利も行使しなければ支援を受けることはできません。皆さんは、親身に相談に乗ってくれる担当FPはいますか?

続きを読む




人材支援・業務請負いたします

Category: Blog, 新規事業(イベント支援) , | Posted: Last Update:


飲食店開業支援・イベントスタッフ支援・人材不足解消、現場責任者が同行し現場のトラブル解決・オペレーション改善をして、売上UPや顧客満足度の向上に貢献いたします。 今回は先日の品川区の東京湾海底トンネル開通イベントを紹介します

続きを読む




民法改正(相続法)相続人以外の親族であっても相続時に介護貢献が考慮されます

Category: Blog, 法改正・規制緩和・規制強化, 生命保険, 相続 , , | Posted: Last Update:


これまで、長男の妻が被相続人を献身的に介護した場合でも、相続時にその貢献に対する報酬などは考慮されていませんでした。なぜならば、長男の妻は相続人ではなく、「寄与分」という被相続人の財産維持などに貢献した相続人に与えられる財産を受ける権利を持たなかったからです。そこで、今般介護などに貢献した相続人以外の親族に報いるため「特別の寄与」が認められることになりました。

続きを読む




民法改正(相続法)相続の効力等に関する見直し

Category: 法改正・規制緩和・規制強化, 相続 , , , | Posted: Last Update:


現在日本には、所有者不明などで、処分できない不動産がたくさんあります。 別に、やらなくても処罰されないので、いつかやれば良いと思っていると、永遠にやらなくなる事が多く、3〜4世代も交代すると、その存在すら忘れ去られることもあります。 なので、所有権等はきちんとルール通り登記をしましょう!

続きを読む




民法改正(相続法)遺留分制度が見直されました

Category: Blog, 法改正・規制緩和・規制強化, 生命保険, 相続 , , | Posted: Last Update:


年に一度は家族で集まって、相続について考える時間を作るだけで、相続問題は激減します。と言っても、一般の方は、どのような問題が潜んでいるかわからないことが多いので、専門家を交えて話し合うというのがとても重要です。 家族で相続を話し合う場のコーディネーターとしてのご依頼は、お問い合わせフォームより受け付けております。

続きを読む




民法改正(相続法)自筆証書遺言をのこしやすくなりました

Category: Blog, 法改正・規制緩和・規制強化, 相続 , , | Posted: Last Update:


これまで、自筆証書遺言は全て自筆で書く必要があったため、方式の不備によって無効となるケースがありました。そして、自宅で保管していた場合などにおいては、遺言の所在が分からなくなったり、偽造・破棄される恐れもありました。

続きを読む




民法改正(相続法)預貯金の仮払い制度の創設

Category: Blog, 法改正・規制緩和・規制強化, 生命保険, 相続 , , , | Posted: Last Update:


相続発生後、遺産分割協議が終わるまでは銀行口座は凍結され、払い戻し請求ができなくなります。当面の生活費も引き出せないなどの不都合が生じてきた事を受け、「仮払い制度」が創設されました。預貯金額の3分の1に法定相続分割合を掛けた金額、かつ金融機関ごとに定める上限額(150万円)まで遺産分割協議が終わる前でも単独で払い戻し請求が可能になります。

続きを読む




民法改正(相続法)配偶者への自宅の贈与等を保護する制度

Category: Blog, 法改正・規制緩和・規制強化, 相続 , , | Posted: Last Update:


婚姻期間が20年以上の夫婦であれば、配偶者に自宅を生前贈与するか、遺言で贈与する意思を示すことで、その自宅は遺産分割の対象外にすることができるようになります・・・子が親の面倒を見れない時代になってきています。社会保障制度や景気対策の改善によって、子が親の面倒を見れる余裕のある国づくりを期待したいです

続きを読む


Top