脱炭素社会

Category: Blog, 日本経済, 真相追求 , , , , , | Posted: Last Update:


現在、世界各国が地球温暖化対策のために脱炭素社会化を目指して取り組んでいます。この取り組みは美しい世界を作る技術革新と言う点では素晴らしい取り組みですが・・・

鬼滅の刃の主人公、竈門 炭治郎くん失業します。

炭火で焼肉が出来ない日がくるのでしょうか?

令和2年10月26日 菅総理の所信表明演説で以下の様に発言されました。

我が国は、二〇五〇年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち二〇五〇年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを、ここに宣言いたします。
 もはや、温暖化への対応は経済成長の制約ではありません。積極的に温暖化対策を行うことが、産業構造や経済社会の変革をもたらし、大きな成長につながるという発想の転換が必要です。

首相官邸ホームページ 第二百三回国会における菅内閣総理大臣所信表明演説より引用

脱炭素社会の実現を宣言されましたね。

温室効果ガスの排出を全体としてゼロって、息もしちゃいけないのか!って野党言いそうですね。日本人1億2000万人で、年間約4500万トンの二酸化炭素を吐き出しています。

ゼロと言うことは、ゴミも燃やせないですね。どうするんでしょうか?

亡くなった人の火葬とか、暖炉とか、焚き火、花火、いろいろ困ります。

調理なんてどうするんでしょうか?

諸悪の根元? 炭素

炭素とは原子番号の元素で世の中にたくさん存在しています。

元素記号は「C」、燃焼(酸化)などにより酸素と結合してCO2になります。

地球上に占める炭素の量は重量比で0.08%しかない元素ですが、二酸化炭素の循環が生命を作っています。

植物や動物の身体は炭素で出来ています。もちろん化石燃料も炭素から出来てます。無機質以外の燃やせるものは全て炭素です。

人類は地球温暖化を止めるために二酸化炭素の排出量を減らそうとしています。

人類が脱炭素について取り組めば、地球温暖化は止まるのでしょうか?

地球は温暖化と寒冷化を繰り返す

地球の温暖化・寒冷化のサイクルをコントロールすることは出来ません。

今のところ、地球の温暖化や寒冷化は太陽からの日射量の変化で起こる言われています。

人間社会が大量に二酸化炭素を排出してもしなくても、地球は温暖化と寒冷化のサイクルを繰り返します。

南極の氷床が溶けて激しく海に崩れ落ちていく映像を、誰もが見たことがあると思いますが、あの勢いで毎日氷床が崩壊していたら、とっくに海面は上がっています。つまり、あの映像は「印象操作」だと言えます。

しかし、長い年月をかけて徐々に上がるか下がるかはします。

2万年前の氷河期、海面は現在より140メートル低く、8000年前の縄文時代は現在より3〜5メートル高かったのです

そして、長い地球史では激しい気候変動を繰り返してきました。

異常気象

災害が発生すると、政府もメディアも口を揃えて異常気象だと言いますが、

逆に通常気象とはどんな気象なのでしょうか?

人間にとって心地よい気象のことでしょうか?自然はそんなに甘くありません。

真実がなんであれ、世界は脱炭素に突き進みます。

世界の二酸化炭素排出量

日本が排出している二酸化炭素は全体の約2.7%、日本がいくら頑張っても、世界の排出量は大して変わりません。

日本が世界をリードする技術革新をしていくのに邪魔な組織があります。

愚策を生み出す日本学術会議

レジ袋の有料化は愚策です。レジ袋の代わりに、ゴミ袋の消費量が増え、エコバッグの消費量も増えます。

現段階でエコだと言われている、水素太陽光・風力・は石炭火力発電に比べてものすごく非効率で、余計に化石燃料を消費すると言う現実があります。

原子力発電所は核のゴミ問題がまだ解決していません。

非効率なのがわかっているなら、市場に出してはいけません。

トータルの効率が石炭を超えるまで、研究開発を続けれる十分な予算を出すべきです。科学者に予算の取り合いを競わせてはいけません競わせるのは成果です。

天下り先の量産はやめるべきです。

実はすごい日本の石炭火力発電

JーPOWER磯子がすごい

日本は世界トップレベルのクリーンな石炭火力発電技術や採掘技術がありますので、この技術の研鑽を続け不動の世界一の立場を確保しつつこの技術よりエネルギー効率がよくてクリーンな発電技術の開発に国家を上げて取り組んで欲しいです。

JAPAN AS NO.1をもう一度!

Share

Related Posts

Top