北方領土の真実

Category: Blog, 日本経済 , , | Posted: Last Update:


真実をお届けするファイナンシャルプランナーの廣野です。 いかに日本のマスメディアがいい加減か、政府が真実を伝えないか、なぜ教科書で習わないのか・・・ 参院選が近いので、ちょっと政治的な歴史「北方領土について」綴ります。

真実をお届けするファイナンシャルプランナーの廣野です。

いかに日本のマスメディアがいい加減か、政府が真実を伝えないか、なぜ教科書で習わないのか・・・

参院選が近いので、ちょっと政治的な歴史「北方領土について」綴ります。

千島列島(クリル諸島)は国後島から占守島のことをさします。

1855年、日露和親条約に択捉島(エトロフトウ)と得撫島(ウルップトウ)の間に国境線が引かれました。樺太は国境を設けず、両国民混在の地とすると決められた。

1875年、日本とロシアは樺太・千島交換条約を結び、占守島までが千島国となり日本領と決められました。

1905年、日露戦争が終結し、ポーツマス条約により、南樺太が日本に割譲されました。

【ロシアの教科書では、南クリル(北方4島)は日露戦争の結果、日本に奪われたと教えているが、これは事実ではない。ロシア人はその様な教育を受けているので、「太平洋戦争で北方4島は取り返した!」という認識をしています】

1922年、ソビエト社会主義共和国連邦結成

1941年、日ソ中立条約:相互不可侵および、一方が」第3国の軍事行動の対象になった場合の他方の中立などを定めた、全4条の条約本文と、満州国とモンゴルの領土の保全と相互不可侵を謳った声明書を交わす。

1945年2月4日〜2月11日 ヤルタ会談:まだ冷戦前、米ソは同盟国でした。アメリカのルーズベルトとソ連のスターリンで秘密会談を行い、その後イギリスのチャーチルとの間秘密協定が交わされる。

1945年8月9日、日本が敗戦濃厚になったタイミングで、満州国侵攻(ソ連軍による民間人への略奪・虐殺が起きる)

【防衛力のなくなった国家は得てして侵略を受けやすくなる・世界において、軍事力が強い国が弱い国を支配する・力こそ全てという考え方が世界基準・日本の中核派の様に、理想実現のためなら、暴力も厭わないという考え方に近い、侵略された場合、男性は強制労働をさせる奴隷に、女性はレイプされ放題、逆らう者は蚊を殺すかの様に殺される、人間扱いなどされない。このことは日本の教科書には決して書かれません】

【国際社会に正義や道理などありません、強いか弱いか、利益になるか、ならないかだけ】

1945年8月14日 ポツダム宣言受託(無条件降伏)

1945年8月15日 玉音放送 

日本軍大本営は、8月18日午後4時を自衛目的の戦闘の最終日時とした。

1945年8月17日 深夜、ソ連による占守島奇襲攻撃 武装解除中だった日本軍守備隊と戦闘に・・ソ連は北海道まで奪うために侵攻してきたのだが、占守島の日本軍守備隊は、満州と同じ惨劇が繰り返されない様に8月21日まで交戦し、ソ連軍の侵攻を食い止めた。これがなかったら、北海道はロシアになっていたかもしれない。

【シベリア抑留】武装解除され投稿した日本軍捕虜らは、ソ連によって約57万5000人労働力として主にシベリアへ拉致され、長期にわたる抑留生活と奴隷的強制労働を強いた。苛烈な労働により約5万5000人が死亡した。ポツダム宣言では武装解除した日本兵の家庭への復帰を保証されていたのに・・とんでもない暴挙です。

1951年 サンフランシスコ講和条約(日本と米国など48カ国との間に結ばれた大戦終結のための平和条約・これの規定によって日本は海外領土や千島列島と樺太を【放棄】した。

1956年 日ソ共同宣言 4島の帰属を確認した上で、平和条約締結をします。その際、歯舞と色丹は日本に返すとされ、日本は合意しようとしましたが、アメリカに「残り2島を返してもらわなくていいのなら、沖縄も返さない」と脅され破談に・・・

その後、北方領土は【放棄】したはずの日本で北方領土問題がずっと続くのですが、日本政府は国外への外交に際して、北方4島を主張していません。北方2島(歯舞諸島・色丹島)に関しては、千島列島でなく北海道の一部であると主張しています。国後島・択捉島に関しては、千島列島として認めますとしている。

しかし、報道は4島返還でされるので国民は4島返還を交渉していると思い込んでいます。

1972年5月15日、沖縄返還

1991年12月25日、ソ連崩壊、ロシア連邦に

2001年3月25日 イルクーツク声明 歯舞諸島・色丹島の2島返還で合意に向かっていた。【森首相グッジョブ】

この後ロシアは2島引き渡し(ロシアの領土(歯舞諸島・色丹島)を日本にプレゼントする)方向で調整していましたが、

2002年〜2004年、小泉政権時の川口順子外務大臣は突然4島返還しろと言い出します。これにロシアは怒って交渉は破談に・・・

今の韓国みたいですね。突然交渉をひっくり返す様な真似は・・・

なので、全く交渉が進まないのです。

まとめます。

政府は北方4島を取り返すという外交はしていません。2島を返してもらおうという外交をしています。

メディアは北方領土問題は北方4島だと報道していますので、多くの国民は北方4島返還を巡って交渉を続けていると勘違いしています。

ロシアでは北方領土は戦争で多くの犠牲を払って勝ち取ったモノで、日本もサンフランシスコ条約で放棄したじゃない!という認識ですから、単に返せと言えるモノでもありません。

彼を知り己をしれば百戦殆うからず(孫子)です。

しっかり、真実を報道し、多くの国民が同じ認識で物事に立ち向かえる様になるといいですね!

なんだか、今回は歴史の勉強になってしまいました。

裏側にある真実を明らかにして、問題解決のアドバイスをします。(無理やりですねww。)保険相談・家計相談・相続対策・人材育成などのご相談は、弊社HPお問い合わせフォームよりhttp://clear-advance.jp/contact

Share

Related Posts

Top