キャッシュレス決済 「戦国時代」革新について行こう!!

Category: Blog, 日本経済, 資産運用 , , , , , , , | Posted: Last Update:


昨今、「〇〇PAY」とあちこちで聞くようになりました。 弊社で約200名に利用実態を調査したところ、キャッシュレス決済を積極的に利用している人は5%程度でしたが、毎月1万円以上のポイント還元を受けているツワモノもいました。政府はキャッシュレス化を推進していますので、今後間違いなく決済手段のインフラになってきます。

昨今、「〇〇PAY」とあちこちで聞くようになりました。

決済手段によっては購入価格の「70%還元」「20%還元」「10%還元」「利用の度にクジが引ける」など、各社のシェアの奪い合いが過熱しています。

総額「300億円還元」、「100億円還元」など、とても大きな還元ですが、人口1億人で割ると100円しか還元されない計算になります。なので、まだまだ多くの方が利用していない実態があります。

弊社で約200名に利用実態を調査したところ、キャッシュレス決済を積極的に利用している人は5%程度でした。しかし、その5%の中には毎月1万円以上のポイント還元を受けているツワモノばかりでした。

しかし、まだまだ、認知されていないため、怪しい案内をするなとお叱りを受けることもありました。

ですが、政府はキャッシュレス化を推進していますので、今後間違いなく決済手段のインフラになってきます。

高ポイント還元でシェアの奪い合いをしている「今」は、【チャンス】です。

ぜひ、ポイント還元GETにチャレンジしてください!

具体的な利用方法の一例を以下で説明します。

各PAYによって【一定の期間の還元の上限】が設定されているので、様々なキャッシュレス決済を使い分けて、多くの還元をゲットします。

キャッシュレス決済は〇〇ポイントなどと合わせて利用できるので、ポイントカードやクレジットカードを駆使して活用します。

例えば、クレジットカードで、〇〇ペイにチャージします。

その時点で、チャージした金額分「クレジットカードのポイントやマイル」が貯まります。

毎月利用する金額をこれで限定してしまえば、クレジットカードを使いすぎることが無くなります。

次に、「LINE」の【SHOPPING GO】が利用できるお店では【SHOPPING GO】のコードをレジにて提示し、ポイントをつけます。

さらに【Tポイント】・【dポイント】・【楽天ポイント】が利用できるお店では、各種ポイントを付与します。全てスマホアプリになっていますので、「ポイントカードを持ち歩く必要はありません。

そして最後にお会計ですが、期間還元ポイントの上限に注意しながら、スマホアプリのバーコードを提示して、キャッシュレス決済をします。

即座に、何ポイント還元か通知が来ます。

金利0.01%(定期預金)で【1年間】で【1万円】の利息を得るのに、必要な元金は【1億円】です。この還元率はすごいですね。

そして、このポイントへの課税ですが、ポイントを使用した時、【一時所得】になりますが、【一時所得】は年間50万円までは非課税です。

具体的なキャッシュレス決済活用術のミニセミナーを実施しています。

アプリのダウンロード方法から、決済手続きまで、手ほどきいたします。

キャッシュレス決済方法のミニセミナーは、弊社お問い合わせフォームよりご依頼ください。 http://clear-advance.jp/contact

Share

Related Posts

Top