Blog



認知症は若い時から予防が必要

Category: Blog, 医療, 日本経済, 生命保険 | Posted: Last Update:


こんにちは、進む道をあきらかに!常識にとらわれないコンサルタント 廣野です。 キャッチフレーズ考え中・・・ 迷走しだす可能性大。 日々、お客様の資産を守り、増やし、豊かな人生を送るコンサルティングをしていますが、 認知症 […]

続きを読む




未来の夢のような薬 ちょっと怖い・・

Category: Blog, 医療, 日本経済, 生命保険 , , | Posted: Last Update:


キメラ抗原受容体発現T細胞(CAR-T: Chimeric antigen receptor T cell)療法 なんだ、なんだバイオハザードか? T細胞??あ、Tウイルスじゃないのね・・・

続きを読む




11月度フラット35金利

Category: Blog, 住宅ローン | Posted: Last Update:


随分ブログの投稿をご無沙汰しておりました。 今月のフラット35の金利をご案内いたします。 固定金利としては、史上最低水準のフラット35は安心できる住宅ローンです。10月から、機構団信(団体信用生命保険)が組み込まれた金利でのご案内に変更になりました。提示されている金利は機構団信分の(0.2%)を上乗せした金利になっています。まだまだ低い水準ですが、少し上昇してきました。

続きを読む




9月度フラット35金利

Category: Blog , , | Posted: Last Update:


皆様、おはようございます。 随分ブログの投稿をご無沙汰してしまいました。 スケジュールの詰めすぎに加え、勉強を優先した結果、ブログの更新を怠りました・・ また、インプットした情報の発信をして参ります。 今月のフラット35 […]

続きを読む




耳をすませば・・

Category: Blog, 生命保険 | Posted: Last Update:


こんにちは、FP廣野です。 お客様との面談、早めにカフェについて、席を確保して、お待ちする時間にブログを作ってます。 どこかの保険代理店の営業マン 同じカフェでビジネスマンのような男性二人と主婦と思われる女性一人がお話し […]

続きを読む




名目金利と実質金利

Category: Blog, 日本経済, 資産運用 , , , , , | Posted: Last Update:


ちょっと夏休みを満喫してました。 FP廣野のブログを再開します。 今回は、名目金利と実質金利について なんだか、名目・実質・・とかいうと難しそうですが、すごくシンプル。 実質金利=名目金利ー物価上昇率 名目金利とは、例え […]

続きを読む




8月度フラット35金利

Category: Blog | Posted: Last Update:


今月のフラット35の金利をご案内いたします。 固定金利としては、史上最低水準のフラット35は安心できる住宅ローンです。金融危機や好景気がやってきた場合、金融機関の金利が上昇することがあります。変動金利のローンの約款をしっかりと読めば、現在の変動金利と固定金利の金利差で、どちらにしようか迷うことはないと思います。

続きを読む




終身保険の解約返戻金の受取り方

Category: Blog, 日本経済, 生命保険, 資産運用 , , | Posted: Last Update:


保険は「見えない権利」なので、しっかりとその「権利の行使」をしてくれる担当者が必要です。給付金や保険金の受け取りなど「保険加入後のオペレーション」は「あなた」対「金融機関」でやり取りしますから、「あなたの味方」になってくれるプロの担当者が必要です。

続きを読む




終身保険のリスクのコントロール

Category: Blog, 日本経済, 生命保険, 資産運用 , , | Posted: Last Update:


昨今、日本円建の保険は予定利率が下がりすぎてしまったため、保険の目的でもある保障に対する保険料(掛金)が高額になっています。それに掛捨てにはなりませんが、払込んだ以上の解約返戻金を受け取るのはとても難しい状況にあります。・・・各保険会社とも、米ドル建て終身保険は3%程の予定利率が設定されていますので、保障を受けながら、将来資金を積み立てるにはとても良い方法になります。

続きを読む




終身保険の設計時に考えるポイント

Category: Blog, 日本経済, 生命保険, 資産運用 | Posted: Last Update:


保険設計時は、これまで上げたメリットと、デメリットを受け入れて、どのようにしたら、リスクを最小限にできるか考えて、保険を設計することが大切です。 その上で納得できるプランが、あなたに合った「オーダーメイドプラン」になります。

続きを読む


Top