癌は健康診断では発見できません。

Category: 生命保険 | Posted: Last Update:


国民健康保険制度の充実した日本とは違い、アメリカでガンに罹患すると、1300万円ほどの治療費がかかると言われています。だから、アメリカでは、定期的にがん検診を受け、早期に発見出来る様に多くの人々がリスクマネジメントをしているのです。それに対して、日本は・・・。

Q1・日本の医療をアメリカの医療。どちらの医療が繊細で高度でしょうか?
A1・圧倒的に日本です。

Q2・がんで亡くなる人は、日本とアメリカではどちらが多いでしょう?
A2・圧倒的に日本です。

なぜ???

ガンは、健康診断では発見出来ません。

ガンを早期に発見するには、「がん検診」を受けなければなりません。

国民健康保険制度の充実した日本とは違い、アメリカでガンに罹患すると、
1300万円ほどの治療費がかかると言われています。
そうなると、ガン診断確定された段階で。多くの家庭が破産するレベルの治療費が
かかるのです。だから、アメリカでは、定期的にがん検診を受け、早期に発見出来る様に
多くの人々がリスクマネジメントをしているのです。

それに対して、日本は健康保険制度が充実しているので、ガンをなめているのです。
がん保険にすら加入していない世帯がとても多い事も非常に問題です。
おまけに、日本人は、非常によく働き、とても忍耐強いので体の異常より、仕事を優先する
方がとても多いのです。
なので、進行した状態で発見され、手の施しようがないという事態がとても多いのです。

調子が悪くて、かかりつけ医の診療を受けても、ガンの検査をする訳ではないので、往々にして誤診されるケースがあります。

筋肉痛をいわれ、痛み止めを出され続けられていた方、便秘と診断され、下剤をずっと処方されていた方、
その無念は計りしれません。しかし、ガンはがん検診を受けないと発見出来ないものなのです。

がんは、治せる病気です。

3大疾病(ガン・心筋梗塞・脳梗塞)の血管を原因とする、心筋梗塞、脳梗塞は生活習慣の改善によって、かなりリスクをとる事が可能ですが、ガンは元々ある細胞の異常です。
近年、遺伝は関係ない事が分かってきて、二人に一人(これを書いている僕か読んでいるあなた)のどちらかが、将来ガンになるという統計があるのに関わらず、それでも多くの方ががん検診を受けません。
がん検診はお金がかかりますが、ガンに罹患したら、もっと多くのお金がかかり、多くの人を巻き込み、
最悪、命を失います。

ガンは、今の医療技術を持ってすれば多くの場合、命を落とさずに済みます。

当たり前ですが、人生は一度きりです。

検診を受けておけば良かった・・がん保険に加入しておけば良かった・・この後悔はしてはいけません。
あなたはかけがえのない存在です。
ガンに対する知識はしっかりと持って置かないと、50%の確率で後悔する事をしっかりと認識して、
しっかりと備えて欲しいです。

僕は、これまで多くの方と関わり多くの財産を築いてきましたが、ガンはすべてを簡単に奪って行きます。

ここにあえて、不安を煽るような事を書かなくても、きっと心の中では気づいているはずです。
後悔しない為に、行動しましょう!

人生を最高に楽しむ為、夢を実現するため、大切な人を不幸にしない為に、この事はしっかりと認識してください。

Share

Related Posts

Top